nanto-e.com archive

つれづれなるままに 「石にも意志がある」

「あねだ」ワールドへようこそ!

映画の日 「父親たちの星条旗」をみてきました

2006年12月01日

12月1日は映画の日ということで、朝から用事を急いで済ませて、早速高岡TOHOプレックス

やはりいつもよりたくさんの人たち。

先に何をみようか決めていったので、みなさんそうかと思っていたら・・・

ちょうど「武士の一分」が始まるところだったらしいです。

そちらの方へ列が流れていきました。

私はデスノートもう一回みようかと思ったのですが時間が合わなくて父親たちの星条旗の方へ

楽しんでみる映画が好きなので、今まで戦争映画はあまりみたいと思いませんでした。が、

今回はクリントイーストウッド監督ということ、

2部作「硫黄島からの手紙」というのがあるということ

を前回予告編でみたので、ちょっと今までと違った見方ができると思いました。

結局、一言でいえば

絶対に戦争をしてはいけない!

なのに、その後ベトナム戦争やイラク戦争・・・

硫黄島2部作が今月9日から上映されるので時間をつくってみに行こうと思います。

デスノートも続編があったけど、今回は2部作。
この頃の映画の傾向なのでしょうか?

「美しい国おこしと中心市街地のあり方」

2006年12月08日

今日、平成18年度福野商工会女性部講演会として

?PH総合研究所 所長 倉重忠男先生をお招きして

美しい国おこしと中心市街地のあり方というテーマで

福野商工会館にてお話いただきました。

日本経済の歩みから始まり

今何が問題なのか?


衣、食、住の改革


50年後の日本の危機


美しい国づくりと自立する国づくり(政治哲学と歴史観の違いの観点から)


物質文明と日本文化について


中心市街地活性化の意義


ゆとりある街づくり10カ条
まで
約1時間半でお話いただきました。

PCを使っての話なので、従来のように黒板へ書き込むこともなく、スムーズに話が進みましたが、これだけの内容をこのわずかな時間で話すことはかなり時間的に無理があったかもしれません。


やまとは 国のまほろば
 たたなづく 青垣  山ごもれる やまとし うるわし



これがゆとりの原点だとするこの言葉が妙に印象深かったです。

「硫黄島からの手紙」

2006年12月15日

前回の父親たちの星条旗に続き、2部作硫黄島からの手紙を観てきました。

先日のレディスデーにすかさず行ったのですが、平日にもかかわらず結構たくさんの人で、ご年輩の男性も見かけました。

1部作のアメリカ版は、途中名前や顔の区別が付かず分からなくなったのですが、今回は日本版なのでみんな真っ黒の顔でも何とか見分けがつきました。

ところどころ場面がダブっているので、「ああ、あのシーンは日本側からみてこうだったんだな。」というのがあり、1部作を観ておいてよかったと思いました。

個人的にはやはり2部作の方が重みがありました。
さすが、ノミネートされるだけの要素がありました。

先日TVの日曜ロードショーでラストサムライをみたばかりだったので、そのイメージもあってか、主役の渡辺謙さんが妙にこの栗林中将にはまっているような感じでした。

いろんなご意見もあるようですが、

この映画はおすすめですよ〜

サンタクロースからの手紙

2006年12月24日

今からかれこれ40年前のこと。

当時私は小学生(年ばれるぅ〜)

小学生向けの雑誌に

「サンタクロース」に手紙を書こう!

という企画がありました。

その頃はローマ字習いたてで、外国への手紙もアルファベットがかけるので何とかなるだろうと、早速書くことに・・・

でもサンタクロースのいる国はどんな言葉を話すのかわからない。

でも英語もわからない。

結局カードに日本語をローマ字に直して書いて、これなら何とかなるだろうと、いさんで郵便局へ持って行きました。

小学生が航空便の手紙を持ってきたので、郵便局のおじさんは宛名を見て「え?サンタクロース?」(んなもんいるかね?届くかね?っていう感じ)

それもフィンランドのサンタクロースとだけの宛名なんです。

それでも取り合えず、切手を貼って受け付けてもらいました。

それから数週間後のクリスマス目前

来た〜 お返事が

見た事のないミミズがはいつくばっているような文字でお返事がきた。

それはカードのど真ん中に大きなサンタクロースの顔が
貼ってあってひげは綿でくっつけてあり、立体感のある手作りのカードでした。

結局は言葉なんて通じなくてもよかったんですね

その頃の私は

お返事が来たということだけでうれしかったのです!
作者 : あねだ

南砺市福野生まれ。鉱物コレクションが趣味。 自宅にて造形盆栽の講師をしています。ご要望がありましたら出張講習にも出向きますので、興味のある方はお気軽におたずねください。

2012 年
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
2011 年
1
10
11
12
2010 年
11
12
2009 年
2008 年
2007 年
2006 年
1
2
3
4
5
6
7
8
9

なんと-e   このサイトに関して
2006年より2015年まで運用しておりました「なんと-e.com」のブログをアーカイブとして公開しております。
掲載内容はブログ投稿時の内容によりますので情報によって被った損害、損失に対して一切の責任を負いません。
公開期限は2020年を予定しておりまが、予告なしに変更又は削除する場合がありますのであらかじめご了承ください。