nanto-e.com archive

つれづれなるままに 「石にも意志がある」

「あねだ」ワールドへようこそ!

スーパーセブン

2007年01月09日
石ブログなのに、最近石の話題がないとのご指摘ありがとうございます。

早速、昨日ご質問のありましたスーパーセブンに関してお答えいたします。

「スーパーセブン」で検索すると車の名前で出てきますが、パワーストーンで言う「スーパーセブン(セイクリッドセブン)」は別名「メロディーストーン」とも言います。

以下、7種の鉱物が含まれます。

クリスタル(水晶) 

スモーキークォーツ(煙水晶) 

アメシスト(紫水晶)

ルチル(金紅石) 

レピドクロサイト(燐鉄鉱) 

ゲーサイト(針鉄鉱) 

カコクセナイト(燐酸鉄)

注(全ての鉱物が揃わなくても一応スーパーセブンとして扱われます。)

どんな石か見たい方はこちらをどうぞ
「スーパーセブン(セイクリッドセブン)」のイメージ

ご覧の通り、めんたま飛び出るよなお値段です。
ププッ ( ̄m ̄*)


私も一応持ってます。
レピドクロサイトがてんこ盛りでキーラキラです。
(自慢かよ〜)

一言で(値段はともあれ)

面白い石です

ルチルクォーツ(針水晶)

2007年01月22日

ルチルクォーツ(針水晶)Rutilated Quarts

水晶の中に針状のルチル(金紅石)を内包しているのでルチルクォーツと呼ばれます。

ルチルの原石は磨き上げられた石と違って、どこか無骨な印象を与えるかもしれませんが、パワーストーンの上級者になると、研磨品よりは原石の方が好まれます。

また、ルチルクォーツはジュエリーアクセサリーとしても人気が高いため、加工されない状態で市場に出る石はほとんどないという観点から原石は希少といえるかもしれません。

ポイントでさえ磨きがかけられたものがほとんどです。

石に秘められたパワー
直線状のルチルからは力強さを感じます。
それを内包しているルチルクォーツは、水晶の中でもパワーが強く、自らの運を強めたいときに持つとよいでしょう。
目標に対して一直線に進みたい時や、積極的(ポジティブ)な気持ちを持続させたい時にも持ち主の心を光で包み、気づきの機会を与えてくれるでしょう(サインを見逃さないように)。

効果一覧
運勢を高めたい時、目標達成、常にポジティブな気持ちを持続したい時に集中力を高めてくれます。
意志の強さと活動力が必要な時にも効果があるとされます。
また、洞察力や観察力を高める作用もあります。
冷静な判断力をもたらし、真実を見極め希望をかなえる力を与えてくれます。
さらにこの石は潜在能力をも引き出してくれます。

浄化方法特に水浄化が良いです。塩分に強いのでミネラルウォーターに天然塩を溶かしての使用もお勧めです。(精製塩ではなく天然塩にこだわります)

注意事項:浄化はこまめに行い、日が当たらない場合は時々日光浴もして下さい。

硬度:7
ルチルそのもののモース硬度は6〜6.5。屈折率が最高で2.9とダイヤモンドより高いため、美しい輝きが生まれるのです。

主な産地:ブラジル、マダガスカル、南アフリカなど


賞味期限と消費期限、鑑定書と鑑別書

2007年01月26日

言葉を耳にしたとき「しょうひきげん」と「しょうみきげん」1文字違い。

でも、意味は違うし対処も違う。

賞味期限
おいしく食べることができる期間の終点
1ヶ月以上持つような商品(のり、缶詰など)

我が家では「もったいない」のでよほどでない限り食べてます

消費期限
その日(その時間)までに消費していただきたい期限
冷蔵庫で保管するなど鮮度が落ちやすい食品(お弁当、サラダ、お惣菜など)

おなかこわすと大変なので、期限の切れたものはたべませんし、期限前でもアヤシイものはたべません

宝石でよく間違われやすいのが

鑑定書鑑別書

これも文字にすれば1字違いです。

鑑定書
これはダイヤモンドのみにしか発行されません。

鑑別書
色石(ルビーとかサファイヤなど)に発行され、宝石の種類と天然かどうかという証明書ですが、その宝石の価値を決める物ではありません。

宝石に関しては、その他に保証書というものもありますが、保証書は鑑定書や鑑別書と異なり、販売店が発行するものです。店側の保証なので宝石の価値を保証するものではありません。
ここのところよく勘違いされやすいですのでご注意を!

それにしても・・・

さっき変換間違いで、「鑑別書」を「鑑別所」と書きそうになった。大変!

皆様、1字違い、変換間違いにはご注意を!

うさぎのしっぽ?

2007年01月31日



ウサギのしっぽ?
はたまた餅にカビがはえたのか。

でもこれは、まぎれもなく鉱物

オーケン石(Okenite) です。

これを見たときに思わず手にとって触ってみたくなりましたが、何だか壊れそうで怖くて触れませんでした。

たまたま、この石の変形を手に入れたので、これなら多少は大丈夫だろうと、触ってみました。

石だとは思えないフワフワした手触りで、まるでビロードのような不思議な感触。

オーケン石は玄武岩などの火山岩の晶洞中に産出する針状結晶の放射集合体。
ご覧の通り「ウサギのしっぽ(ラビットテール)」の異名をもつという、不思議な石です。

鉱物名は発見者、ドイツの自然研究家オーケン(Oken)にちなんでいます。

インドのプーナ(Poona)方面のものがとくに美しいので有名です。市場に出回っているものはほとんどがこの産地のものです。
国産のもありますが、全然感じが違うでしょう?

見てみたい、触ってみたいという方は、
市の里ギャラリー7号館「花工房くらぶへ来てね〜
作者 : あねだ

南砺市福野生まれ。鉱物コレクションが趣味。 自宅にて造形盆栽の講師をしています。ご要望がありましたら出張講習にも出向きますので、興味のある方はお気軽におたずねください。

2012 年
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
2011 年
1
10
11
12
2010 年
11
12
2009 年
2008 年
2007 年
2006 年
1
2
3
4
5
6
7
8
9

なんと-e   このサイトに関して
2006年より2015年まで運用しておりました「なんと-e.com」のブログをアーカイブとして公開しております。
掲載内容はブログ投稿時の内容によりますので情報によって被った損害、損失に対して一切の責任を負いません。
公開期限は2020年を予定しておりまが、予告なしに変更又は削除する場合がありますのであらかじめご了承ください。