nanto-e.com archive

つれづれなるままに 「石にも意志がある」

「あねだ」ワールドへようこそ!

やめられない、止まらない

2007年11月01日
石仲間さんから突然宅配便が届きました

仕事で種子島へ行ったそうで・・・



種子島特産の安納芋


送りました。というメールが後から届きました。


うれしいっ!

この品種は焼き芋にしたら一番おいしく食べられるようだけど、家庭ではできないから、とりあえず

大学いも

変わったお芋で、切ったら中身がなんとオレンジ

仕上げたら黄金色




後は

やめられない止まらない


間食のつもりが完食!


おあとがよろしいようで・・・ムフフ(^_-)-☆

万年青

2007年11月04日
数日前、造形盆栽教室の受講生の方から

おもと」を作ってみたい

とのご希望がありました。

盆栽の分野とはまた違いますが、

アートフラワーの手法でつくってみようということになりました。

偶然、朝刊に砺波アピタで「おもと」の展示をしているということで、早速行ってみました。








会場には南砺市の方がいらして、親切丁寧に「おもと」について教えてくださいました。

盆栽もそうですが、鉢にはかなり凝ってらっしゃる
さすが〜



作品を作る時は、必ず実物を観察し

イメージをとらえることです





11月の新月

2007年11月08日

新月の日に願い事をすると叶うといわれる

物事を始めるには新月の日がいいそうですよ。


前回ブログに載せるのが遅くて間に合わなかった方のために

少しだけ早めにお知らせ

11月の新月は

10日の午前8時4分


試しに、新月に入ってから8時間以内に願い事を紙に書いてみられては?

1つにつき願い事ひとつとして

2つ以上、10以内

自分で「こうありたい」というような内容のもの


紙に書いたら日付をつけて保存しておく


是非お試しを〜

効果があればラッキー!


今月の願いのキーワード

「絆」「権力」「変化」「自制心」「財務協力」




願い事が特にない方は

何か新しいものを身につけるか使い始めるといいそうです


世界で一つのペンダント

2007年11月10日
以前、ルースで購入した

「トルマリン入り水晶」

指輪にするには大きすぎなので
ARTS&CRAFT工房KAZの岡田和美先生
ペンダントとしてデザインしていただきました。

デザインは全部おまかせ

石からのイメージで「これ」と思うものを自由にデザインしてみてくださいという難しい?注文をしました。

出来上がったのがこの作品




かなり大きめで存在感があります

さらにはかなりのパワーも


モノトーンの感覚でどんな色にも合います

3年間待った甲斐がありました

素敵!


伝えたかったこと

2007年11月11日
今日から南砺市の「市展」が始まりました。

今回初めて書の部で出展しました。

今までは見に行くことはあっても出展することなどは全く思ってもみなかったのですが、是非書いてみたい言葉がありました。

以前お世話になった恩師の著書心の歳時記(非売品)の最後のページに書かれていた言葉です。

ただ、勝手に書いてよいものかどうか躊躇していたところ、ひょんなことから答えが帰って来ました。

「よいと思ったことは自ら進んでやりなさい」 と・・・

そう思ったとたん、パネルを提供してくださる方が見つかり、表具と出展の搬入搬出をしてくださる方がご近所だったこともあり、すぐに書くことができました。

私がこだわったことは

誰にでも読める字

せっかくのいい言葉でも何が書いてあるかわからなくては意味もわからない。

そう、作品というよりは題名の通り

「メッセージ」



これを読んで「私もこうなりたい」と思う方が一人でも増えたらいいなあ


今頃気がついたのですが、私の歳はこの言葉を書かれた先生が亡くなられた歳と一緒。

先生はこの「メッセージ」そのままの人生を歩まれました。

亡くなられてたとはいえ今だに、影響力のある方です。

なんて書いてあるかは読んでみてね。







思いこみの凄さ

2007年11月13日
巨人の星」をご存知ですか?

主題歌もご存知ですか?

出だしが「お〜も〜い〜こんだら・・・」と続きます

ちょうどTVでは主人公の星飛雄馬グランドの地ならしをしている画面が写ってます。



その場面が印象的だったのかどうかはわかりませんが・・・



地ならしに使っているコンクリートの大きなローラーを「コンダラ」だと思っていた人がいました。

そう!


重いコンダラ


大笑い!





正解は「思い込んだら」


でも、発想が面白い!・・・かも

いつもと違ったこと

2007年11月14日

きょうは風が少しあるとはいえ、とても快晴だったので、孫を連れて氏神様へお散歩に

久しぶりにゆったりまったり幸せなひと時

ベビーカーを引っ張っていると、自転車ですれ違った人が、

「あれっ?」

と言って引き返してこられました。

「この子、お子さん?」

「孫でもなさそうだし〜」と思われたのかな?むふふ

神社ですれ違ったおじさんにも同じこと聞かれた。

帰り道、久しぶりに会った人にも

「まさか、子供じゃないよね?」

やっぱり子供にしては遅いし、孫にしては早いと思われたようみたい

幸せいっぱいで、よほどうれしそうな顔していたのかな?


それとも・・・

メタボなので、産後とまちがえられたんかいな?マジ?



アートな一日

2007年11月15日
今日はひょんなご縁でchikakoさん

富山市の豪農の館内山邸





高須佳美さん「くゆら織」の展示を見に行きました。

籾倉の中での展示、







「くゆら」の練り香水の香りが漂い「和と洋」の調和が素敵でした。

明日から始まる茶室(夜雨廰)での展示を一足お先に見学。

趣と遊び心のあるしつらいで、新作の解説もしていただき、楽しいひと時を過ごしました。

同時に奥座敷で開催されていた「刳物と色漆」の作品展も見学。




漆といえば朱色や黒だけかと思っていたのですが、ずいぶんといろんな色があるのですね。

さて、内山邸へは初めて訪れたのですが、凄いお屋敷でした。

何たって広い!

ところどころ歴史を感じ、しばしの間タイムスリップしたような感じがしました。

庭の木々にはきれいに雪つりがされ、季節を楽しむには最適の広いお庭。

今度は花の咲く頃にぜひ来てみたいと思いました。

chikakoさんとは、ここで解散。




午後からひとりで富山県近代美術館へ。

以前、出品者の一人玉本奈々さんから招待券をいただき、なかなかこられなかったのですが、ちょうど時間がとれ、すかさず見学。

とやま現代作家シリーズ 
時の中で―Toyama Art Today 2007


この展覧会もかなりの見ごたえありました。

作品のみならず、それぞれの作家さんたちの書かれている解説も読みごたえありです。

平日だったので、ゆったりと鑑賞できました。

中で「あれっ?」と思ったのは、広い展示会場内に電気掃除機が置きっぱなしになっていたこと。

掃除の最中か?と思いきや、近寄って見るとそれも作品。蟻のシールがいっぱい貼ってありました。
そんなのアリけ〜???(゜Q。)??

中2階の常設展ではボランティアの方が丁寧に解説してくださって、また違った鑑賞の仕方ができました。
(得したわ〜)

午前の内山邸と午後の近代美術館。

とても対象的な世界。

食事も忘れて見入ってしまい、とうとう昼食は午後3時になってしまいました。

感動が多すぎて、何だか朝からもう1週間たってしまったような感じ。

石の解説

2007年11月16日

先日、モリヤンさんのブログでわが子の石を掲載されていました。

その中の2枚の画像について解説させていただきます。

まず、1枚目の画像ですが、

これはパイライト(黄鉄鉱)です。

月光浴またはクリスタルによる浄化がいいでしょう。

鉄分を含むので水による洗浄や粗塩浄化は錆のおそれがあるので避けてください。

パイライトはいろんな形状がありますので、それに関してはまた改めて解説させていただきます。

2枚目の画像は実物を手に取ってみないとわかりかねますが、画像からの推定ですとカルセドニー(玉髄)のようです。

「石英の非常に細かい結晶が網目状に集まり、緻密に固まった鉱物の変種」とされていますので、おおざっぱに言えば

「石英」の部類です。

カルセドニーに話は戻しますが、
含まれる不純物によっていろいろな色があり、それぞれ様々な名称で呼ばれており、美しいものは宝石としても扱われています。

流水、月光浴、クリスタルによる浄化がおすすめ。


研修

2007年11月19日

今日から3日間の

21日(水)まで、

研修のためサロンを休みます。


レベルアップしてきますので、よろしく!

ちょっと一息

2007年11月25日

23日の「里いもまつり」のお手伝いに続き

今日は男女共同参画推進委員の研修、

何かと行事が続きます。

合間をぬってフローラルパークで開催されている

草月光抱会の華道展

Yu・遊 2007

今回は木の構成をテーマとしていけこまれたそうです。

まずは合同作品




全部ご紹介できないのが残念ですが、何点かピックアップ











テーマにそって、それぞれ木枠を使って表現されていましたが、いろんな表現法があるのだと感心。


続いて、お誘いを受けていたヘリオスでの

「モラと刺繍」教室作品展

アートスペースにずらりと力作が並びます。




モラ特有の鮮やかな色彩は、見ていると情熱的で活気があります。

来年の干支「ネズミ」をモチーフにした作品もありました。
表現のしかたで、ずいぶんとイメージが変わるのもですね。

忙中閑あり

どの作品展においても言えることですが、

作品展へ行くと出品者の息吹が感じられて、元気がもらえます。

エネルギーの充電におすすめ!


2007年11月29日

柿をたくさんいただきました。

今年は豊作だったのでしょうか?

農家の庭の柿の実がたわわになっているのを見かけました。

通常そのまま皮をむいて食べるのですが、

まだ他に柿のおいしい食べ方ありますか?

お料理の素材として使うにはどんな使い方ありますか?

誰か教えてくださ〜い!
作者 : あねだ

南砺市福野生まれ。鉱物コレクションが趣味。 自宅にて造形盆栽の講師をしています。ご要望がありましたら出張講習にも出向きますので、興味のある方はお気軽におたずねください。

2012 年
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
2011 年
1
10
11
12
2010 年
11
12
2009 年
2008 年
2007 年
2006 年
1
2
3
4
5
6
7
8
9

なんと-e   このサイトに関して
2006年より2015年まで運用しておりました「なんと-e.com」のブログをアーカイブとして公開しております。
掲載内容はブログ投稿時の内容によりますので情報によって被った損害、損失に対して一切の責任を負いません。
公開期限は2020年を予定しておりまが、予告なしに変更又は削除する場合がありますのであらかじめご了承ください。